【フィルヒースの現在】全盛期のトレーニングや食事、身長やプロフィールを徹底解説!

ミスターオリンピア7連覇を成し遂げたフィルヒースは、背中・脚・前腕など、どの部位を見ても世界一にふさわしいという呼び声が高いレジェンドです。

この記事ではフィルヒースの全盛期の部位別トレーニングや食事メニューだけでなく、現在の姿まで徹底解説していきます。

目次

フィルヒースとは

“The Gift(天賦の才能)”の異名を持つフィルヒースは1979年アメリカ合衆国で生まれたプロボディビルダーです。

異名の通り、フィルヒースは生まれ持った筋肉の大きさ・厚み、質感の成長余地が大きく、過去最高の背中とも言われています。

本名:フィルヒース(Phil Heath)

出身地:アメリカ合衆国(ワシントン州シアトル)

生年月日:1979年12月18日

身長:約175cm

体重:約109-125kg

職業:プロボディビルダー

フィルヒースの半生

アーノルド・シュワルツェネッガーと並ぶ「オリンピア7連覇」の偉業を成し遂げたフィルヒース。ここからは、フィルの半生を振り返っていきます。

幼少期

フィルヒースは1979年にアメリカ合衆国ワシントン州シアトルで誕生しました。

小さいころから運動が大好きだったフィルヒースでしたが、両親が共働きだったこともあり、料理や家事などを自分ひとりでやっていました。

高校~大学時代

子供のころからバスケットボールが好きだったフィルヒースは、高校生になると学校のバスケチームに入り、大学もスポーツ奨学金でデンバー大学に入学します。

大学では経営学とITを専攻しており、バスケだけでなく勉学にも励む学生でした。

この頃、バスケにおけるジャンプ力を鍛えるためにウエイトトレーニングを始めます。

ボディビルとの出会い

大学でもバスケットボールに熱中していたフィルヒースでしたが、「自分には才能がない」と感じ始めました。

当時地元のジムで働いていたこともあり、筋肉発達を目的としたトレーニング・食事・サプリメントに興味を持ち始めます。

3年ほどボディビルダーを目指してトレーニングと食事管理を継続したところ、175cmながら97kg(体脂肪率6%)のフィジカルにまで成長しました。

ボディビルダーとしての生活

2003年に初めてボディビルコンテストに出場し、見事優勝を果たします。

2005年にNPC USA Championshipsで優勝してIFBBプロカードを取得した後、翌年のNew York Pro 2006とCololad Pro 2006で優勝を飾ります。

2008年のミスターオリンピアで初出場ながら3位に入賞し、2011年から2017年まで7連覇を成し遂げました。

フィルヒースの最大の特徴は「背中」と言われることが多いですが、以前は弱点部位だったようです。ジェイカトラーに勝つために、週2回背中トレーニングを継続したところ異常に発達したようです。

ボディビルダー引退~現在

圧倒的な強さを誇っていたフィルヒースでしたが、優勝するたびに一部で議論が起こっていました。それは、「バブルガット」と呼ばれる腹部の膨張が目立つようになってきたためです。

現在はコンテストの舞台から離れていますが、いまだに現役当時のバルクは健在です。

現在は自身のDVDをリリースしたり、「Generation Iron」という映画にも出演を果たすなど、様々な舞台で活躍しています。

フィルヒースのコンテスト成績

以下、フィルヒースのコンテスト成績を羅列しました。

こう見ると、ほとんどの大会で優勝をおさめている“The Gift”であることがわかりますね。

2003 NPC Colorado State, Light-Heavyweight:1位
2003 Northern Colorado State, Novice, Light-Heavyweight:1位
2003 Northern Colorado State, Novice, Light-Heavyweight:1位
2004 NPC Colorado State, Heavyweight:1位
2005 NPC Junior Nationals, Heavyweight:1位
2005 NPC USA Championships, Heavyweight:1位
2006 Colorado Pro Championships:1位
2007 Arnold Classic:5位
2008 IFBB Iron Man:1位
2008 Arnold Classic:2位
2008 Mr. Olympia:3位
2009 Mr. Olympia:5位
2010 Arnold Classic:2位
2010 Mr Olympia:2位
2011 Mr. Olympia:1位
2011 Sheru Classic:1位
2012 Mr Olympia:1位
2012 Sheru Classic:1位
2013 Mr. Olympia:1位
2013 Arnold Classic Europe:1位
2014 Mr. Olympia:1位
2015 Mr Olympia:1位
2016 Mr Olympia:1位
2017 Mr Olympia:1位
2018 Mr Olympia:2位

フィルヒースのトレーニングメニュー

フィルヒースのトレーニングに対する考え方は、「新しい奇抜なメニューよりも基礎的なメニューをやりこむ」ことが重要だと言います。

1日のトレーニング時間も約70分~90分程度と、長時間トレーニングを好まないという特徴が表れています。

DAY1:脚

DAY1は脚トレーニングのみで44セット行います。

44セットを約1時間半でこなすので、かなり短時間で集中して追い込むトレーニングを行っていることがわかります。

レッグカール:4セット
レッグデッドリフト:4セット
シーテッドレッグカール:7セット
カーフレイズ:4セット
シーテッドカーフレイズ:7セット
エクステンション:4セット
フロントスクワット:4セット
レッグプレス:3セット
ハックスクワット:7セット

DAY2:胸・三頭筋

DAY2は胸と三頭筋を合計34セット行います。

トレーニングメニューを見るとほとんどが胸トレの種目なので、三頭筋トレーニングはサブ的な要素が強そうです。

ダンベルインクラインプレス:4セット
ダンベルインクラインフライ:4セット
ハンマーストレングスベンチプレス:3セット
ペックデック:7セット
プッシュダウン:3セット
ディップス:3セット
ベンチプレス:3セット
トライセップエクステンション:7セット

DAY3:オフ

DAY3は1日オフを取って筋肉を回復させることに専念します。

筋肉は休んでいるときに大きくなるため、トレーニングを毎日していては筋肥大に逆効果です。

DAY4:背中・二頭筋

フィルヒースは背中と二頭筋を同時にトレーニングします。

背中トレーニングを17セット、二頭筋を24セットの合計40セットを短時間に追い込むのが特徴です。

ワイドグリッププルアップ:3セット
懸垂:3セット
Tバーロウ:4セット
ベントオーバーロー:4セット
ダンベルロー:3セット
アームプルダウン:7セット
EZバーカール:3セット
ハンマーカール:3セット
コネクションカール:3セット
プリーチャーカール:7セット

DAY5:肩

フィルヒースは肩だけトレーニングする日を設けており、27セットで追い込みます。

トレーニング後半にシュラッグを計8セット行っており、肩と同時に僧帽筋を重点的に鍛えていました。

スミスマシンミリタリープレス:4セット
ダンベルフロントレイズ:4セット
アップライトロー:4セット
ダンベルラテラルレイズ:7セット
ダンベルシュラッグ:4セット
バーベルシュラッグ:4セット

フィルヒースの食事メニュー

フィルヒースのコンテスト調整時の食事メニューを紹介します。

1日の食事を7回に分けており、1食あたりタンパク質60g~70gに加えて炭水化物を十分にとっていることがわかります。

MEAL1:卵白2.5パック オートミール1カップ
MEAL2:鶏むね肉340g 玄米1合 蒸し野菜
MEAL3:ヒレステーキ340g さつまいも1個
MEAL4:ヒレステーキ340g さつまいも1個
MEAL5:鶏むね肉340g 玄米1合
MEAL6:ティラピア340g 蒸したブロッコリー
MEAL7:ティラピア340g 蒸したブロッコリー

フィルヒースはオフシーズンでもクリーンな食事を続けており、タンパク質量は変わらず、炭水化物の量を増やすことでバルクアップを図っています。

オフシーズンでは7食目の食事内容をアーモンドバター大さじ2杯とプロテインに変えてカロリーを摂取するのが特徴です。

フィルヒースの現在

現在のフィルヒースはボディビルダーとしては実質的に引退しており、フィットネスイベントでの講演や選手育成、SNSでの発信活動に力を入れています。

また最新のインスタグラムの投稿を見ると、アーノルドシュワルツェネッガーやロニーコールマンといったかつてのボディビルレジェンドと楽しそうにトレーニングしている姿が見られます。

プライベートでは、フィルヒースは心身ともにリラックスして妻との結婚生活を楽しんでいるようです。

もう一人のレジェンド、「ロニーコールマン」の現在

あわせて読みたい
【ロニーコールマンの現在】車椅子生活で歩けない?警察時代~全盛期・名言まで紹介! ロニーコールマンはボディビルに興味がある人なら一度は聞いたことがある名前でしょう。ミスターオリンピア8連覇を成し遂げたボディビル界の大スターです。今回は、ロニ...

フィルヒースの名言集

フィルヒースは名言も数多く残しており、ここではそのうちのいくつかを紹介します。

「多くの人が「あいつは遺伝子がやばい」とか何とか言ってる。そんなの忘れろ。俺はめちゃくちゃ努力してきた。」

「俺はめちゃくちゃ考えて筋トレしてる。他のやつが何を考えようが、自分のやり方で結果が出てるなら関係ない。」

フィルヒースは遺伝的に優れていたのは間違いないですが、それ以上に努力で体を作り上げてきた自負が伝わってきます。

変えようがない遺伝の事実に悩むよりも、誰よりも考えて努力を続ける重要性が伝わります。

【まとめ】フィルヒースの考え方を参考にしよう!

フィルヒースのトレーニングや食事、現在の姿を徹底紹介してきました。遺伝的に優れていたと言われることが多いフィルヒースですが、「ひたすら考えて努力する」重要性を語っています。変えようがない事実(遺伝)に目を向けるよりも、己の行動を変えることに焦点を当てる重要性を感じた方は多いはずです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事の編集部

『フィットネスで明日への輝きを』をテーマに発信している、総合フィットネスメディア。 月間数万人以上のユーザーに向けて、「サプリメント」から「最新ボディビル情報」まで、最高のトレーニングライフを提供するために、毎日コンテンツを制作中。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次