【ドリアン・イェーツ】トレーニングや食事メニュー、名言まで徹底解説!

ミスターオリンピアを6度制した伝説のボディビルダー「ドリアン・イェーツ」。独自のメソッドによる超高強度かつ短時間のトレーニングをしていたことで有名で、彼の背中の厚みは当時歴代最高と称されています。この記事では、ドリアン・イェーツのプロフィールやトレーニング・食事内容だけでなく、名言集もお届けします。

目次

ドリアン・イェーツとは

ドリアン・イェーツはイギリス出身のボディビルダーです。

セルジオ・オリバやアーノルド・シュワルツェネッガーが活躍したプロポーション重視の時代から、重量重視の現代ボディビルへと移行する歴史を作ったのがドリアン・イェーツと言われています。

  • 本名:ドリアン・イェーツ(Dorian Yates)
  • 出身地:イングランド(サットン・コールドフィールド)
  • 生年月日:1962年4月19日
  • 身長:約177cm
  • 体重:約115-120kg
  • 職業:元プロボディビルダー、経営者

ドリアン・イェーツの半生

ボディビルダーとしてこの上ない成績を収めてきたドリアン・イェーツ。順風満帆に見える、そんな彼の生い立ちから半生を見ていきましょう。

幼少期

イングランドで生まれたドリアン・イェーツは、イングランドの国民的スポーツであるサッカーだけでなくスポーツ全般興味を持てずに育ちました。

悪い友人たちの影響を受けてしまい、徐々に非行少年へと変わっていってしまいます。

少年期

ドリアン・イェーツの非行ぶりは悪化していき、16歳のころにギャングの仲間になった後、暴動に加担し警察に逮捕されます。

19歳時点で約半年間少年院で過ごすような人生を送っていました。

ボディビルとの出会い

ドリアン・イェーツがトレーニングと出会ったのが少年院の中です。少年院の中でトレーニングを学び、肉体が驚くほど成長していくことに気づきました。

継続してトレーニングすることで自信と強靭な肉体を手にしたドリアン・イェーツは、少年院を出た後すぐにジムに入会しました。

ボディビルダー期

1985年にアマチュアのボディビル大会に出場したドリアン・イェーツ。初めてのコンテストで新人賞を獲得し、どんどんボディビルの世界に浸かっていきます。

わずか26歳でIFBBプロとなった後、30歳でミスターオリンピアで優勝し世界一のボディビルダーとして一躍有名に。その後5年間コンテストで勝ち続けてオリンピア6回制覇するレジェンドへと登りつめます。

1997年のミスターオリンピアを最後にボディビル競技から一線を退いた後は、サプリメントや自身のアパレルブランドを立ち上げ経営者として活動しています。

※余談ですが、ドリアン・イェーツは地下室にこもって毎日トレーニングをしていたことから、「地下室のモンスター」と異名があったようです。

ドリアン・イェーツの大会成績一覧

ドリアン・イェーツはミスターオリンピアを6連覇している偉業を成し遂げており、アーノルド・シュワルツェネッガーと並ぶ記録を樹立した唯一の人物です。

以下、ドリアン・イェーツのコンテスト成績をまとめました。

1985 World Games Heavyweights:7位
1986 British Championships, Heavyweight:1位
1991 Night of Champions,:1位
1991 Mr. Olympia,:2位
1991 English Grand Prix,:1位
1992 Mr. Olympia,:1位
1992 English Grand Prix,:1位
1993 Mr. Olympia,:1位
1994 Mr. Olympia,:1位
1994 Spanish Grand Prix,:1位
1994 German Grand Prix,:1位
1994 English Grand Prix,:1位
1995 Mr. Olympia,:1位
1996 Mr. Olympia,:1位
1996 Spanish Grand Prix,:1位
1996 German Grand Prix,:1位
1996 English Grand Prix,:1位
1997 Mr. Olympia,:1位

ドリアン・イェーツの筋トレメニューを解説!

ドリアン・イェーツは週4日トレーニングを行い、週3日はオフの日を作っていたようです。また4分割の内容は、「肩・三頭筋・腹筋」「背中」「二頭筋・胸・腹筋」「カーフ・腿」で分けてトレーニングしていました。

➀ドリアン・イェーツの肩・三頭筋・腹筋トレーニング

ドリアン・イェーツのトレーニングは1種目当たり1セットのみ行う独自のメソッドを実践していました。

レストやドロップセットを駆使して極限まで追い込む1セットを行うことで筋肥大を促していたようです。

  • トライセッププッシュダウン(1セット15回)
  • トライセッププッシュダウン(2セット×10回~12回)
  • ライングイージーカールエクステンション(2セット×8回~20回)
  • スミスマシンプレス(2セット×15回~30回)
  • シーテッドラテラル(2セット×8回~20回)
  • ワンアームケーブルラテラル(2セット×10回~30回)
  • ダンベルシュラッグ(2セット×10回~20回)

ドリアン・イェーツのトレーニングは、マシン種目は高レップを前提に数をこなしています。また、三頭筋は重量も扱いながら高回数を意識して極限まで追い込むことを徹底的にこだわっていました。

➁ドリアン・イェーツの背中トレーニング

ドリアン・イェーツの背中を作ったトレーニングを紹介します。種目は8種目、それぞれ1~2セットで追い込んでいました。

  • ハマーストレンスプルダウン(3セット×15~20回)
  • バーベルロー(2セット×8~20回)
  • ハンマーストレングスワンアームロー(1セット×10回)
  • ケーブルローオーバーハンドグリップ(1セット×10回)
  • ハンマーストレングスリアデルトマシン(1セット×10回)
  • ベントオーバーダンベルレイズ(1セット×10回)
  • ハイパーエクステンション(1セット×10~12回)
  • デッドリフト(2セット×10~12回)

メインセットは1セットのみで組んでおり、1セットで全力を出すトレーニングを実践しています。

筋肉の動き方や正しい追い込み方を熟知している前提のトレーニング方法となっており、初心者・中級者には到底真似できないハイレベルなトレーニングです。

➂ドリアン・イェーツの二頭筋・胸・腹筋トレーニング

胸トレーニングは他部位と比べてセット数を多くこなしていたようです。レップ数よりも重量を重視しており、6回~10回ギリギリ上げられる重さを扱っていました。

  • インクラインダンベルカール(2セット×8~10回)
  • イージーバーベルカール(2セット×6~10回)
  • ノーティラスカール(2セット×6~10回)
  • インクラインバーベルプレス(3セット×8~10回)
  • ハンマーストレンスシーテッドベンチプレス(2セット×6~10回)
  • インクラインダンベルフライ(2セット×8~10回)
  • ケーブルクロスオーバー(1セット×10~12回)

ドリアン・イェーツの活躍した時代からもマシン種目はほとんどなく、フリーウェイト中心のトレーニングとなっています。

④ドリアン・イェーツのカーフ・腿トレーニング

カーフ・腿トレーニングもメインセットは1セットで組まれています。脚も胸と同様に10回程度ギリギリ上げられる重量を追い求めてトレーニングしていたようです。

  • レッグエクステンション(3セット×10~15回)
  • レッグプレス(3セット×10~12回)
  • ハックスクワット(2セット×10~12回)
  • ライングレッグカール(2セット×10~12回)
  • スティッフレフデッドリフト(1セット×8~10回)
  • シングルレッグカール(1セット×8~10回)
  • スタンディングカーフレイズ(2セット×10~12回)
  • シーテッドカーフレイズ(1セット×8~10回)

ドリアン・イェーツの食事メニューを紹介!

ドリアン・イェーツは1日6食、クリーンな食事から栄養摂取していました。また、サプリメントを使用していたかは不明ですが、プロテインは積極的に利用していたようです。

『一日で6回分けてタンパク質を摂取するべきだが、すべてを食品からまかなうのは限界がある。だからプロテインが有効だ。』と話します。

MEAL 1:オートミール1カップ、10個分の卵白、ホエイプロテイン
MEAL 2:ミールリプレイスメントシェイク
MEAL 3:鳥むね、サラダ、じゃがいも(白米でもOK)
MEAL 4:ミールリプレイスメントシェイク
MEAL 5:ヒレステーキ340グラム、サラダ、じゃがいも(白米でもOK)
MEAL 6:オートミール半カップ、6個分の卵白、ホエイプロテイン

https://www.instagram.com/thedorianyates/

ドリアン・イェーツは3時間おきにタンパク質と炭水化物を摂取していました。プロテインドリンクも活用して必要な栄養を摂取していた、と呼ぶのがふさわしいストイックな食生活をしていたようです。

ドリアン・イェーツの心に響く名言集

ドリアン・イェーツは数々の名言を残していますが、そのうちの1つを紹介します。

何だそれで終わりか?
今見知らぬ男がドアから入ってきて、君のこめかみに拳銃を突きつけて「あと二回やれ」と言ったらどうする?死に物狂いでやるだろう?
追い込むとはそういうことさ。

https://www.instagram.com/thedorianyates/

1種目たった1セットで極限まで追い込んでいたドリアン・イェーツだからこその名言ですね。1セットに全力をかけるドリアン・イェーツのトレーニングへの情熱が伝わってきます。

今一度真剣に1セット1セットに向き合って追い込みきったと呼べるトレーニングをしていきたいですね。

以下の記事ではロニーコールマンの名言も紹介しているのでぜひご覧ください↓

あわせて読みたい
【ロニーコールマンの現在】車椅子生活で歩けない?警察時代~全盛期・名言まで紹介! ロニーコールマンはボディビルに興味がある人なら一度は聞いたことがある名前でしょう。ミスターオリンピア8連覇を成し遂げたボディビル界の大スターです。今回は、ロニ...

ドリアン・イェーツの現在

ドリアン・イェーツはボディビルダーとしての生活を引退した後、アパレルやサプリメントブランド、TempleGymというフィットネスジムも手掛ける経営者としてフィットネス業界で今日もなお活躍しています。

SNSでも積極的に情報発信しており、最近は昔のトレーニング動画や家族との写真をアップしています。気になる方は是非ドリアン・イェーツのインスタグラムを覗いてみてください!

ドリアン・イェーツのまとめ

今回はドリアン・イェーツの食事・トレーニングや生い立ち~現在まで解説しました。

かつての「地下室のモンスター」のトレーニングや食事が参考になっていれば幸いです。

今後も、海外ボディビルダーについて詳しくない方でも興味を持てるような記事を作っていくので、是非閲覧してみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

中の人は趣味でトレーニングしている20代独身男性です。大学時代、たまたまSNSで見た“Cedric Mcmillan”の筋肉美に惚れ、焦ってトレーニングを本格的に始めました。

この『明日トレ術』では、
海外ボディビルダーやコンテスト情報だけでなく、食事とトレーニング次第で体は劇的に変わること。明日への自分に自信をつけるためのトレーニング術を失敗談を交えてまとめています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次