トレーニングメニュー ボディビルダー 栄養知識(トレ飯)

アンドレファーガソンがマイアミプロ2023優勝!9度目のオリンピア出場へ!

アンドレ・ファーガソン

2023年6月3日、フロリダ州“マイアミビーチ”でマイアミプロ2023(IFBB PRO LEAGUE MIAMI MUSCLE BEACH PRO)が開催されました。

マイアミプロのメンズフィジークで見事優勝したのは、アンドレファーガソン。

自身9度目のオリンピア出場権を獲得したアンドレファーガソンに今回は焦点を当てて深ぼっていきます。

アンドレファーガソンとは

アンドレファーガソンはアメリカ出身のプロメンズフィジーク選手で、過去8度ミスターオリンピアに出場している大ベテランです。

2018年~2020年のアーノルドクラシックで3連覇している超実力派。

左右対称にバランスよく筋肉がついたシンメトリー型の体は、この先も評価され続けるでしょう。

  • 本名:Andre Ferguson
  • 出身地:アメリカ合衆国
  • 生年月日:1984年
  • 身長:約178cm
  • 体重:約84kg(コンテスト時)
  • 職業:プロメンズフィジーク選手

アンドレファーガソン、マイアミプロ2023優勝!

アンドレ・ファーガソン

2023年6月3日にマイアミプロ2023が開催され、見事アンドレファーガソンが優勝を果たしました。

マイアミプロ2023のメンズフィジークのトップ6は以下の通りです。

(各選手のインスタに飛べるので、是非フォローしてトレーニングのモチベアップにしてみてください!)

アンドレファーガソンのトレーニング紹介

アンドレ・ファーガソン

ここからはアンドレファーガソンのトレーニングメニューを紹介します。

1つの決まったメニューをするのではなく、様々な種目を取り入れることでシンメトリーの体を作り上げているようです。

➀胸と肩のトレーニング

1.ケーブルフライ
2.インクラインマシンプレス
3.チェストプレス
4.ペックフライ
5.マシンショルダープレス
6.サイドレイズ(スーパーセット)

https://www.youtube.com/@NPCNewsOnline

アンドレファーガソンは大胸筋上部の内側を狙うために、ペックフライでは可動域を狭くして収縮ポイントを絞っています。

それ以外はプレス系・フライ系ともに基本的な動作をしていました。

➁背中(下部)のトレーニング

1.トップサイドデッドリフト
2.懸垂
3.ベントオーバーロウ
4.アンダーグリップラットフレクサー
5.ワンハンドマシンロウ

https://www.youtube.com/@NPCNewsOnline

アンドレファーガソンは肩甲骨のコントロールが抜群にうまく、背中トレが非常に参考になります。

背中を上背部と下背部に分けてトレーニングしており、特に重要視しているのがわかりますね。

➂肩のトレーニング

1.マシンショルダープレス(15~20回×6セット)
2.ダンベルフロントレイズ(10回×4セット)
3.サイドレイズ(8~15回×6セット)
4.マシンサイドレイズ(10~15回×6セット)
5.リアレイズ(10~15回×6セット)
6.スタンディングバーベルフェイスプル(15回×3セット)
7.シーテッドバーベルフェイスプル(15回×3セット)
8.ラットマシンでフェイスプル(15回×3セット)

https://www.youtube.com/@NPCNewsOnline

肩のトレーニング全般に言えますが、レップ数を多くしてボリュームを増やしています。

合計37セット行っていることから、ねちっこく追い込むのが肩に有効だとわかります。

④背中(上部)とリアのトレーニング

1.マシンローイング
2.アンダーグリップラットプルダウン
3.ワンハンドプーリーロウ
4.ケーブルプル
5.バックエクステンション

https://www.youtube.com/@NPCNewsOnline

背中トレはグリップがとても重要だと再認識できます。

バーやグリップを強く握ると肩や僧帽筋に負荷が逃げてしまうため、グリップコントロールをうまくできるようになることが背中発達のコツですね。

アンドレ・ファーガソンの食事メニュー

アンドレ・ファーガソン

【MEAL1】オートミール240g、卵白360g
【MEAL2】チキン220g、玄米240g、野菜
【MEAL3】白身魚220g、スイートポテト220g、野菜
【MEAL4】七面鳥220g、スイートポテト220g、野菜
【MEAL5】ステーキ220g、白米240g
【MEAL6】寝る前にアーモンド少々

アンドレファーガソンは1日6食を3時間おきに食べています。

もちろんコンテスト前後で食事メニューは多少変わりますが、タンパク質は鶏むね肉/魚/卵/七面鳥/牛肉からバランスよく摂取しています。

ハードなトレーニングと管理した食生活が大事ということは、ボディビルダーたちの生活からよくわかりますね。

まとめ

今回は、マイアミプロ2023のメンズフィジークで優勝したアンドレファーガソンを深ぼりました。

彼のようなシンメトリーな体型は現代メンズフィジークで特に重要視されているため、これからも最前線で活躍し続ける選手だと思います。

トレーニングメニューや食事を参考に、日々のトレーニングのモチベアップにつなげていただければ幸いです。

Q&A

アンドレファーガソンの身長は?

アンドレファーガソンとは?で詳細に解説しているのでご覧ください。

アンドレファーガソンの年齢は?

アンドレファーガソンとは?で詳細に解説しているのでご覧ください。

明日トレ術

明日トレ術

中の人は趣味でトレーニングしている20代独身男性です。大学時代、たまたまSNSで見た“Cedric Mcmillan”の筋肉美に惚れ、焦ってトレーニングを本格的に始めました。 この『明日トレ術』では、 海外ボディビルダーやコンテスト情報だけでなく、食事とトレーニング次第で体は劇的に変わること。明日への自分に自信をつけるためのトレーニング術を失敗談を交えてまとめています。

人気記事はコチラ

1

ミスターオリンピア(Mr Olympia)はIFBBによって開催される年に一度の世界最高峰のボディビルコンテストです。本記事ではミスターオリンピア2023の結果・日程・チケット情報・出場選手などを解説 ...

2

「効果が実感できる」「美味しい」との口コミが多いサイズオン。「ドーピング」「副作用」といった悪い評判もたっていますが本当なのでしょうか?この記事では、サイズオンの成分や副作用について実際に飲んでみたレ ...

山岸秀匡 3

山岸秀匡(通称ビッグヒデ)さんは日本が誇るレジェンドボディビルダーです。 今回は山岸さんの身長やプロフィール、推定年収などについて深ぼります。2023年8月末に開催されたマスターズオリンピアの212カ ...

ロニーコールマン 4

ロニーコールマンはボディビルに興味がある人なら一度は聞いたことがある名前でしょう。ミスターオリンピア8連覇を成し遂げたボディビル界の大スターです。今回は、ロニーコールマンの警察時代から全盛期や名言、車 ...

5

2022年のアーノルドクラシック優勝、オリンピア8位入賞の「アンドリュー・ジャックド(Andrew Jacked)」。近年、急に頭角を現している超新星です。 手足が長く、遺伝的に優れたモデル体型の体は ...

-トレーニングメニュー, ボディビルダー, 栄養知識(トレ飯)