【祝!山岸秀匡復帰!】世界のビッグヒデ、マスターズオリンピア212優勝候補!?

山岸 マスターズオリンピア

あの“ビッグヒデ”こと山岸秀匡さんがボディビル大会現役復帰を表明しました!今年の8月末、ルーマニアで開催されるマスターズオリンピアに出場することを自身のYouTubeとInstagramで決意表明。

この記事では、山岸秀匡さんがマスターズオリンピア212カテゴリーで優勝候補である理由を解説します。

目次

“ビッグヒデ”こと山岸秀匡さんとは?

山岸秀匡さんは日本の元プロボディビルダーです。日本人で初めて、世界最大のボディビルコンテスト「Mr.Olympia」や「Arnold Classic」に出場を果たしました。

現在は自身のジムやサプリメント会社の運営に携わっています。山岸さんが現役時代から飲み続けているドリンクと言えば、「サイズオン」

以下詳細に解説しているのでぜひ参考にしてみてください!

あわせて読みたい
サイズオンの効果や成分・ドーピングの噂は?評判・口コミまで徹底解説! サイズオンはギャスパリおすすめランキングで1位を獲得している筋トレサプリです。多くのプロボディビルダーが愛用し、安全で美味しく効果的にトレーニングできると話題...

山岸秀匡さんのプロフィール

  • 本名:山岸秀匡
  • 出身地:北海道 帯広市
  • 生年月日:1973年6月30日
  • 身長:約168cm
  • 体重:コンテスト時→95kg、オフシーズン→104kg
  • 職業:元プロボディビルダー、経営者

山岸秀匡さんは早稲田大学人間科学部卒業後、株式会社健康体力研究所に入社しています。

その後、アメリカへボディビル留学をするために、約3年間続けた会社を辞めて翌年プロ転向を表明。現在では“ビッグヒデ”という愛称で世界中から親しまれています。

山岸秀匡さんのコンテスト成績を紹介!

山岸秀匡さんのコンテスト成績は以下抜粋の通りです。

1995年 JBBF 関東学生ボディビル選手権 優勝
1995年 JBBF 全日本学生ボディビル選手権 優勝
1996年 JBBF 関東学生ボディビル選手権 優勝
1996年 JBBF 全日本学生ボディビル選手権 優勝
2001年 IFBB Asian Amateur Championships(ライト・ミドル級)優勝
2001年 JBBF ジャパンオープン(ミドル級)優勝
2007年 IFBB Arnold Classic 13位
2007年 IFBB Olympia 13位
2010年 IFBB Orlando Show of Champions 優勝
2014年 IFBB Tampa Pro Championships(212 lbs級)優勝
2015年 IFBB Olympia(212 lbs級)3位
2016年 IFBB Arnold Classic(212 lbs級)優勝

山岸秀匡 – Wikipedia

山岸秀匡さんは、初めて「ミスターオリンピア」「アーノルド・クラシック」に出場した日本人ボディビルダーです。

それだけにとどまらず、「ミスターオリンピア」に10度の出場を果たし、2015年には3位という成績を収めています。

上の成績を見ると、アジア最強のボディビルダーと呼ばれる理由がわかるはずです。

山岸秀匡さんがマスターズオリンピア212で優勝候補!?

2023年4月2日、山岸秀匡さんは自身のYouTubeチャンネルで現役復帰を表明しました。

2023年8月にルーマニアで開催される「マスターズオリンピア2023」に出場するため、現在はコンテストに向けて調整を進めているとのこと。

最後に大会に出場したのが2020年なので、約3年ぶりの復帰となります。

山岸秀匡さんは今年のマスターズオリンピアで間違いなく優勝候補の一人と言える理由を以下説明します。

  • 過去に開催されたマスターズオリンピアでは、40歳以上の選手が出場可能でした。しかし近年はボディビルダーの高齢化が進んでおり、40歳を超えても世界の第一線で活躍する選手もたくさんいます。そこで、2023年のマスターズオリンピアでは、40歳以上→45歳以上と、年齢制限を引き上げたことで、第一線を退いた元トップビルダーの活躍が十分期待できます。
  • 山岸秀匡さんはマスターズオリンピアのボディビル212カテゴリーに出場すると公言しています。山岸さんは過去、ボディビル212でミスターオリンピア3位、アーノルドクラシックでは優勝を果たしています。山岸さんの現役引退から約3年しか経っていないことを考えると、マスターズオリンピアで優勝できるポテンシャルは間違いなくあると期待できます。
  • 山岸さんは自身のYouTubeやInstagramでマスターズオリンピア出場を決意した理由を話しています。「アクシデントに体の仕上がりが良くなって、心もそれについてきた」と話すように、嬉しいことに山岸さん自身が想定していたよりも体の仕上がりが良く、大会に出てみる気になったようです。SNSでも世界中のトップビルダーたちが山岸さんの体の状態の良さに言及していることから、マスターズオリンピアの栄冠は射程圏内と考えられます。

【山岸秀匡監修】筋肉に必要な栄養がオールインワン!サイズオンとは!?

山岸秀匡のおすすめサプリ

山岸さん曰く、「デカくなりたいならサイズオン!」

サイズオンとは山岸さん自身が監修し、自身もボディビルダー現役時代から継続して飲み続けているイントラワークアウト(トレーニング中に飲むドリンク)。

効率的にデカくなりたい方や筋肉のためになる栄養素を摂取したいと考えている方におすすめです。

あわせて読みたい
サイズオンの効果や成分・ドーピングの噂は?評判・口コミまで徹底解説! サイズオンはギャスパリおすすめランキングで1位を獲得している筋トレサプリです。多くのプロボディビルダーが愛用し、安全で美味しく効果的にトレーニングできると話題...

山岸秀匡さんの食事メニューを紹介!

山岸さんは現役時代、1日に7食(6食+間食)食べて筋肉を維持・成長させてきました。

ここからは、山岸秀匡さんの1日の食事メニューを紹介します。

MEAL1(起床後)

山岸秀匡
  • 卵白(約300g)
  • 全卵2個
  • オートミール
  • 野菜スープ

卵白には「ロイシン」と呼ばれる必須アミノ酸が豊富に含まれています。

ロイシンはタンパク質を構成するアミノ酸のうち、最も筋肉に含まれる成分であるため、筋肉をつけるうえで欠かせません。

MEAL2(11:30)

  • 玄米
  • 鶏むね肉(約250g)
  • ブロッコリー
  • 野菜スープ

ブロッコリーはトレーニーに最適な食べ物の1つ。

タンパク質ばかり摂取するトレーニーが不足しがちなビタミン類を含んでいるだけでなく、野菜なのにタンパク質も豊富です。

MEAL3(トレーニング前)

  • 卵白(約400g)
  • オートミール
  • 野菜スープ

山岸さんは毎食野菜スープを摂るようにしていると、自身のYouTubeで話しています。

野菜が嫌いな山岸さんでも、野菜スープにしてしまえば美味しく食べ続けられるそうです。

MEAL4:(トレーニング後)

  • 玄米
  • 牛ステーキ(約250g)
  • 納豆1パック
  • ブロッコリー
  • 野菜スープ

タンパク質を多く摂取するトレーニーは腸内環境が乱れやすいです。

腸内環境を改善しながら、タンパク質も同時に摂取できる「納豆」はトレーニーの強い味方。

間食

  • オートミール
  • プレシジョン(2スクープ)

MEAL5

  • 玄米
  • 鶏むね肉(約250g)
  • ブロッコリー
  • 野菜スープ

玄米は白米や他の炭水化物と比べてGI値が低く、食べた後の血糖値が緩やかに上昇します。

また食物繊維も豊富なので、腸内環境を整える意味でも非常に優秀な炭水化物です。

MEAL6:(就寝前)

  • 卵白(約400g)
  • オートミール
  • 野菜スープ

炭水化物として何を食べるか悩む方は多いと思います。オートミールは手軽にすぐ作れるので、忙しい人でも食べ続けやすいのでおすすめです。

【まとめ】山岸秀匡さんがマスターズオリンピア出場決定!

今回はビッグヒデこと、山岸秀匡さんが今年出場するマスターズオリンピアで優勝候補である理由を解説しました。

3年ぶりの現役復帰ということで、山岸さんのファンやボディビルファン待望の瞬間ですね。

山岸さんは自身のSNSで、マスターズオリンピアに出場する準備の過程も発信していくようなので、是非チェックしてみてください。

【Q&A】山岸秀匡さんの気になる噂を解決!

山岸秀匡さんの名言は?

山岸秀匡さんの座右の銘は「No Limit(限界を決めるな)」だと、自身のYouTubeで語っています。

山岸秀匡さんのスポンサーは?

代表的なスポンサーはEVOLGEAR(エボルギア)です。EVOLGEAR(エボルギア)は業務用フィットネスマシンを展開する企業で、様々なプロ選手等と契約しています。山岸秀匡さんもスポンサー契約選手の一人で、大会等でのプロモーション活動も実施。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事の編集部

『フィットネスで明日への輝きを』をテーマに発信している、総合フィットネスメディア。 月間数万人以上のユーザーに向けて、「サプリメント」から「最新ボディビル情報」まで、最高のトレーニングライフを提供するために、毎日コンテンツを制作中。

コメント

コメントする

目次